Xbox360の非公式ドライバをWindows10で使えるのかどうか確認してみました。
→結果:簡単な動作しか確認していませんが使えます。
(保証するわけではありません、自己責任で)

インストールの手順を下記に示します。
まずはウィンドウズメニューより "設定" をクリックします。
xbox01

続いて "デバイス" をクリックします。
xbox02

そしてプリンターとスキャナーの下の方にある "デバイスマネージャー" をクリックします。
 xbox03

一覧の中にXbox360 周辺機器という区分でドライバが登録されているのでこのドライバを
右クリック→ドライバーでソフトウェアの更新をクリックします。
(ヒューマンインターフェースドライバーの配下ではありません)
xbox04

"コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索します。" をクリックします。
xbox05

"コンピュータ上のデバイスドライバーの一覧から選択します" をクリックします。
xbox06

"ディスク使用" をクリックします。
xbox07

予めダウンロードしておいたXbox360非公式ドライバの"x360c.inf" があるフォルダを指定します。
xbox08

すると対象モデルが先程2個でていたものが1つにかわります。ここでは"次へ" をクリックします。
xbox09

下記画面がでればインストール完了です。
xbox10

再びデバイスマネージャーを参照してみると以下のようにヒューマンインターフェースデバイスに追加されています。
xbox11